*

ブロックチェーンとは?

Pocket
LINEで送る

ブロックチェーンは、インターネット上に構築される「改ざんの心配がほぼない分散型台帳」で、ビットコインのベースでもありますが、暗号通貨や金融を超え、あらゆる産業に大きな影響を与えます。

ブロックチェーンに関しては、ますは以下の動画を見て下さい。

ブロックチェーンが産業、企業、個人のすべてに大変なインパクトを与えると考えられている理由には、大きく次の4つが考えられます。

第一に、インターネットではデータを改ざんされるリスクが常にありますが、それがほぼなくなります。何十万、何百万という数の公開台帳にすべての取引情報をつなげて記録していきますので、その全部を改ざんすることがほぼできません。

第二に、決済コストが極めて低く、従来の1/10~1/100になりますので、数十円を送金したり、気にいったアーティストに支払ったりすることができるようになりました。出稼ぎで稼いだなけなしのお金から大きく手数料を取られて目減りする、ということもなくなります。

第三に、事前に設定しておけば、全自動で情報のやりとりと支払いをすませることのできる「スマートコントラクト」を使うことができるようになります。

スマートコントラクトにより、自動車が異音・振動などから自ら故障予知をし、ガソリンスタンドに到着する前に、整備工場に連絡をして、補修部品を用意しておく、というようなことも人手をわずらわされずにできるようになります。

また、企業が顧客に対して納品する際も、自動で納品・検品・検収・支払いが済まされます。紙の書類がなくなり、人手がいらず、処理も瞬時なので、企業活動の生産性が圧倒的に上がります。

スーパーに行って、1リットルの牛乳パックを1つと、ティッシュペーパーを3箱かごに入れたら、そのままレジのところを通るだけで、スマートコントラクトを使って支払いが済まされることもできるようなります。それだけではなくて、これまでの購買履歴に基づいて、そろそろ消耗品がなくなるころには、全自動でスーパーに注文が行き、勝手に納品されることもスマートコントラクトを通じて実施することができるようになります。これらはIoTやセンサーで可能になりますが、ブロックチェーンがなければデータ改ざんが心配ですし、安心して支払いをすることができません。

第四に、ブロックチェーンにより、自律分散型で安定したシステム構築、運用ができるようになります。これまで、企業では、集中してデータ管理、決済処理をしていますので、その1カ所がたまたま、あるいは負荷が大きすぎたり悪意の攻撃をされたりしてダウンすると、すべてのシステムが止まってしまいます。そういう心配がほぼすべてなくなります。

詳しくは上記の出展元「連載:ブロックチェーンがおよぼすビジネスインパクト」の記事をお読みいただけると、より理解が深まります。

ブロックチェーン革命
ブロックチェーンの衝撃

関連記事

仮想通貨”ビットコイン”とお金の未来

仮想通貨ビットコインとお金の未来 スーパープレゼンテーション ネハ・ナルラ氏が仮想通貨の仕組みを分かりやすく解説“お金の未来”を語る(字幕版)

Eテレにて2月2日に放送してたスーパープレゼンテーションでは、「仮想通貨”ビットコイン”とお金の未来

記事を読む

c0ban.world

世界のc0ban導入店舗を地図上に可視化するc0ban worldをリリース

株式会社LastRoots(本社:東京都港区 代表取締役CEO:小林慎和 以下LastRoots)は

記事を読む

c0ban

世界初!仮想通貨×動画広告サービスc0ban(コバン)導入意向店舗数、ならびにweb系案件が日本全国、海外で1,000アカウントを突破

c0banアプリでの動画広告の公開本数は100本を突破 株式会社LastRoots(本社:東京

記事を読む

仮想通貨元年

仮想通貨(暗号通貨)元年!

今年に入って、ネット上で「2017年は仮想通貨元年!」というのをよく見るようになりました。 私

記事を読む

ブロックチェーン
ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは、インターネット上に構築される「改ざんの心配がほぼな

大手銀行社長「銀行というビジネスモデルを変えていかなければならない!」
フィンテックが変える”お金の未来”

クローズアップ現代「銀行はもういらない?フィンテック革命の衝撃

c0ban.world
世界のc0ban導入店舗を地図上に可視化するc0ban worldをリリース

株式会社LastRoots(本社:東京都港区 代表取締役CEO:小林慎

c0ban
世界初!仮想通貨×動画広告サービスc0ban(コバン)導入意向店舗数、ならびにweb系案件が日本全国、海外で1,000アカウントを突破

c0banアプリでの動画広告の公開本数は100本を突破 株式会社

仮想通貨元年
仮想通貨(暗号通貨)元年!

今年に入って、ネット上で「2017年は仮想通貨元年!」というのをよく見

→もっと見る

PAGE TOP ↑