仮想通貨/暗号通貨

ブロックチェーン・カンファレンス2017開催決定!

ブロックチェーンカンファレンス

ブロックチェーンカンファレンス


2017年11月11日(土曜日)、新高輪プリンスホテルの飛天の間において、ブロックチェーン・カンファレンスを開催します。

数多くの著名な暗号通貨企業のトップが参加し、直接、皆さんにそれぞれの暗号通貨の魅力をお話頂けます。

そして午前中には、既に取引所に登録されている大手暗号通貨各社のトップが一堂に会するパネルディスカッションが開催されます。

“ 暗号通貨が広げる人類の未来!! “

非常に興味深い内容を聞けると思います。

2,400人収容できる巨大ホールですが余裕を持ってゆったりと話も聞けるように今回は1,600人の限定で開催します。

参加暗号通貨企業(取引所登録済)はこちらの7社となります。
各社のトップが参加頂けます。

1.Qtum  (時価総額 14位)
2.Lisk (時価総額 15位)
3.Waves  (時価総額 19位)
4.Stellar  (時価総額 22位)
5.Ardor (時価総額 32位)
6.Bytom  (時価総額 74位)
7.GXS  (時価総額 79位)

そして登録所へはまだ未登録の暗号通貨企業はこちらの8社です。

1.CtC
2.Decent.bet
3.hush rush
4.JOBCOIN
5.APPOS
6.Ambisafe
7.icobox
8.Cofoundit

更にはこれ以外にも様々な暗号通貨関連企業がブースの出店をします。

朝10時~18時までの終日の開催です。

参加費用は10,000円(税別)となります。

そして当日の夜、当日のスピーカー皆さんが参加する夜に開催される、立食パーティへの参加も含めたVIPチケットは、30,000円となります。

当日の昼の各社のスピーチもVIP席は特別に前方に準備致します。

そしてサプライズ!!

参加することで参加費用以上のメリットがあるとすれば??

参加者全員に、当日参加される暗号通貨も含めて、様々な暗号通貨のトークンを無料で配布させて頂きます。

1社:10$分のトークンのプレゼントとして、10社から貰えればそれだけで100$。

参加費用の1万円以上のリターンがあります。

更にそれらのトークンが今後大きく値上がりして10倍になれば?

10万円以上のリターンということになります。

20社からトークンが配布されれば 200$
30社からトークンが配布されれば 300$

最終的に何社まで増えるかわかりませんが、既に5社からは承諾を得ていますし、大きく今後も伸びていきそうです。

参加して学び知識を得て、その上で物凄く得するカンファレンス!!

世界中を探してもこんな企画は他にはありません。

早期売切れ必須は間違い無し!!→http://www.pluscome.com/oq8a

Google Cloud Next ’17 in Tokyo(東京)でc0banプレゼンテーション!

株式会社LastRoots


Google Cloud Next Tokyo 2017】の大舞台でc0banのプレゼンテーションがありました!

Google Cloud Next Tokyo 2017

株式会社LastRootsのエンジニア四条さんとご協力頂いてる図鑑ドットコムの直江さんの威風堂々としたスピーチ!

c0banスライド

c0banプレゼンテーション

(以下、メディア開発部 部長/映像ディレクターの江田さんの言葉より)

去年の6月に、
何もないところから始まって
和製仮想通貨c0banが生まれて
アプリが生まれて
機材担いで全国飛び回って
撮影させて頂いた企業さん店舗さんの
動画CMが配信されて、
取引所が出来て、
こばんちゃんねるが出来て
新しい仲間が増えて、
山あり谷あり越えてきて
まだまだ目指すビジョンは
遥か彼方の山の上ですが、
今日はこうして堂々と私たちの
サービスを発表できることが
とても嬉しかった!(*^▽^*)

着実に一歩一歩進んでいます
いつも応援して下さる皆様のおかげです。
これからもよろしくお願い致します!

株式会社LastRoots

仮想通貨への投資はマイニングが圧倒的な投資対効果!

Bitclubマイニング管理画面

こちらの記事を見て下さい!

この方は、ビットクラブのマイニングプール事業へ当時の価格で3.5BTC(3500ドルですので日本円で40万円弱)の投資で、2年間で20BTC=600万円(2017年6月14日30万円計算)の投資対効果は近年のさまざまな投資の中では圧倒的なパフォーマンスを叩き出しています!

英語がわかる方は、こちらの動画「BitClub Earnings Update – March 2017 – 20 BTCs Earned (over $25,000 currently) Passive Income」も見て下さい!

それも労働はほぼ0ですから、凄いことです。実業が馬鹿らしくなりますよねー!

だからと言って、誰かのお役に立たない人生では、幸せにはなれません。

そういうストック収入を得ながら、お金の心配をせずに安心して、人や社会のために、志を果たそうとする生き方が出来るとしたら、素晴らしいと思いませんか?

私も先日から投資しておりますが、2年間は再投資に回して、複利でレバレッジを効かそうと思っています!

Bitclub JapanのLINE@メルマガ講座はこちら!(登録キーワード:「ストックインカム」)
以下のQRコードからも登録可能です。
Bitclub Japan LINE@メルマガ講座 Bitclub Japan LINE@メルマガ講座

ビットクラブへのマイニング事業で年金収入を得たい方は、こちらをご覧下さい

ビットコインの採掘(マイニング)とは

ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。

その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われるのです。

この報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こるのです。

ゲームをしていてもいいし、ネットで遊んでいてもいいのに、わざわざ膨大な計算を行ってビットコイン全体の発展に貢献してくれた人へのささやかな感謝の形が、新規ビットコインの発行なのです。

この新規発行に至る行為は「採掘(マイニング)」と呼ばれています。

コンピューターの計算能力をお金に変えるビジネスと割りきって、日夜採掘(マイニング)に励んでいる人たちが世界中に存在します。そのおかげで、今日もビットコインの安全性が保たれているのです。

通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に力を注いでいるのです。

ビットコインは誰が管理しているの?

円やドルと全く同じような通貨であれば、わざわざ新しい通貨を作る必要性はありません。ビットコインは、他の通貨と比較して何が決定的に違うのでしょうか。

最大の違いは、通貨を管理する「中央銀行」が存在しない、ということです。ビットコインには、発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないのです。

ビットコインは、国家や企業が運営している仮想通貨ではありません。円やドルと同じような通貨なのに、どこの国も、企業も、ビットコインの発行・流通には関与していないのです。この非常識な概念が、ビットコインの最大の特徴です。

採掘(マイニング)で無限に生み出されるのか?

ビットコインの発行総量は、事前に決められています。また、採掘(マイニング)によって発行される量も調整されています。そのため、一瞬にして発行量が増えてインフレが起こったり、混乱が生じることを避けた設計がなされています。

ビットコインの発行総量は、2140年までに2,100万 Bitcoin とされていて、それ以降は新規に発行されることがありません。

ビットクラブへのマイニング事業で年金収入を得たい方は、こちらをご覧下さい

マイニング世界最王手”ジェネシスマイニング”CFOとの対談

ジェネシスマイニングチーム

GPUマイニング世界一企業「ジェネシスマイニング」のCFOとの対談が実現!
・現在一番リターンの高いマイニングとは?
・CPU、GPU、ASICマイニングの違いとそれぞれの特徴
・マイニングの歴史
・今後のマイニング事業の取り組み

採掘(マイニング)とは?

採掘(マイニング)とは、新たなブロックを生成し、その報酬としてビットコインを手に入れる行為のことです。2015年9月現在は25BTCが報酬としてもらえます。

技術的には数学的な計算を繰り返し、特定の条件を満たす解を見つけるという行為であり、たくさんのハードウェアと電気代が必要になります。

またこの行為がビットコインネットワークを安全に保つための源泉となっておりビットコインが自己完結的であるための重要な仕組みでもあります。

採掘者(マイナー)が採掘をする行為によりビットコインのP2Pネットワークが維持されており、その他の一般ユーザーはこの恩恵に与ってビットコインをネットワーク上で送付することが可能となります。

ブロックはトランザクションをまとめたものです。まだどのブロックにも入っていないトランザクションを集めて、それに自分自身の報酬トランザクション(コインベースと呼びます)を加えたものに任意の数値(ナンスと呼びます)を加えてそのハッシュを計算します。そのハッシュ値の先頭の0がn個以上あれば(つまり一定の数値以下の値であれば)採掘が成功し新たなブロックとして配信します。

採掘という行為はナンスをどんどん変化させてハッシュ値がある数値以下になるまで繰り返すということなのです。

採掘によって得られる報酬はコインベースの報酬とブロック内のすべてのトランザクションの手数料の合計です。したがって手数料の大きいトランザクションは積極的にブロックに入り、低いトランザクションは後回しにされます。

なお、共同でマイニングしてストック収入を構築出来るマイニングプール「ビットクラブ(BitClub)」はこちらから
bitclub(ビットクラブ)

ビットクラブ(BitClub)のマイニングプール投資で年金収入を構築しょう!

bitclub

ビットクラブでお金を儲ける準備は出来ていますか?

ビットコイン マイニング ネットワークが日本で開始!

ビットクラブ・ネットワークとはBitcoin(暗号通貨)をマイニングしている世界でもトップシェアを誇る安全と信頼の出来るマイニング会社です。世界最先端の技術 ”ブロックチェーン” を利用したBitcoinを誰でも得ることができるマイニングサービスを多くの人に提供しています。

Bitcoinはお金の未来です。インターネットが初めて出て来た時以上に世界を変える可能性のあるBlockchain技術を利用し、中央管理組織の銀行が不要なピアツーピア (P2P) で働く史上初の分散型デジタル通貨です。

マイニングはBitcoinが機能するための重要要素です。Blockchainを確保し支払いを記録するマイナー達への報酬として、Bitcoinが作られました。報酬は10分に1回、1日で144回ビットコインが発行されています。

BitClubでは、共有されたマイニングプールから毎日収入を得ることが出来ます。また紹介プログラムもありますので、あなたがBitClubを知人に紹介することに対しても収入が得られます。

マイニングの仕組みを解説した動画です。

ビットクラブマイニング工場の動画です。

ビットクラブのより詳しい情報とお申し込みはこちら!

ビットコインを稼ぐ最も革新的で収益性の高い方法

BitClubでは、共有されたマイニングプールから毎日収入を得ることが出来ます。また紹介プログラムもありますので、あなたがBitClubを知人に紹介することに対しても収入が得られます。

現在の計算では、誰一人紹介する事なく、購入されたプランの金額は6〜8ヶ月でビットコイン(報酬)で取り戻すことが可能とされ、その後は利益となります。ビットコインは今後3年以内に、大手企業の決済システムへの導入が予想されており、大幅に値上がりすると期待されています。

iPhone7にはビットコインの支払い機能がすでに組み込まれています。海外ではビットクラブを銀行預金の代わりに利用されている方もおり、日本でもだんだん注目されてきています。是非この機会にご参加される事をオススメいたします。

これらの仕組みを簡単に説明してくれている動画がありますので、ご覧下さい!

ビットクラブのより詳しい情報とお申し込みはこちら!

世界は今まさに重要な時期になっています。

というのも、全世界に強烈なインパクトを与える、目を見張るようなテクノロジーが現れるのを目にしているからです。ただBitcoinの話をしているだけではありません。あらゆるデジタル通貨を成功させるBlockchainテクノロジーのことです。

すべては2009年に始まりました。この間、Bitcoinは世界で最も賢い人達によって試され、それがうまくいかないことを証明しようとつつかれてきました。その結果…6年後に、私達は$10億近くのVCファンディングがBitcoin企業にもたらされるのを見ました。その内$4億5千万は最終の12ヶ月のみで調達されたのです。

これはどういう意味でしょうか?

情報通の投資家達がBitcoinItの勝利に賭けているということです…しかもとんでもない大勝利になると!
事実、この市場はちょうどインターネットの初期の頃によく似ています。インターネットも最初はオタクとハイテクに精通した人達だけしか理解していませんでした。けれどもすぐにこれらの専門知識を持った人達がツールを組み立て、誰でも簡単にインターネットを使ってアクセス出来るようにしたのです。

これを「ブラウザモーメント」と呼ぶ人もいます。ブラウザのローンチでインターネットが主流で簡単になったのです。これが起こるとVC資金がインターネット会社に注ぎ込まれ始め、それから5年の間に私達はアッと驚く革新を見ました。会社が次々とサービスに乗り出し、その結果が現在の市場となっているのです。

今、インターネットなしの生活を想像できますか?

今私達は、これと全く同じサイクルにいます。インターネットそのものよりも大きくなる可能性のあるテクノロジーです。けれども今回は、ずっと速く実現するでしょう。こうした新企業が独自の「ブラウザモーメント」を作り出してBitcoinの使用がより簡単になれば、今知っている事を活用しなかった事でものすごい後悔をすることになることでしょう。

BitClubネットワークは暗号通貨市場のための啓蒙、サービス提供そしてそこから得られる最終的な利益のために貢献しています。

私たちの目標は、メンバーが参加できる多くの機会を提供することです。主な方法の一つは私たちのマイニングプールを通してビットコインを獲得することです。

その仕組みは…マイニングプールのいずれかのシェアを購入すると、各プールから採掘されるビットコインすべてが毎日そのプールの配当資格を持つすべてのメンバーに分配されます。シェアは$500、$1,000、$2,000相当のビットコインで購入できます。

この購入で1,000日間ビットコインを受け取ることになります! 受け取ったビットコインを再投資に回すことで複利運用され、長期投資が出来れば、資産が雪だるま式に増えていきます!

資金に余裕のある方は最初の2年間くらいは再投資100%で回すことで、加速度的にビットコインが増えていき、4年で最初の投資額の10倍のビットコインが得られます。

それに加えて、ビットコイン自体の価格も上昇することで、本当に銀行にお金を預けている場合ではないですね!

ここまでは、誰にも紹介を出さずに、自分で再投資した時のシミュレーションですが、人に紹介するのが苦手な方は、これでも十分ですね!

しかしながら、こんなに素晴らしいマイニング事業への投資をご家族や親戚、そして大切な友人などにビットクラブを紹介すると、報酬が発生します(これが大きくなる方も続出しています)!

ビットクラブ紹介報酬プランはこちらのPDF資料をどうぞ!

わかりやすいビットクラブセミナー動画がありますので、ご覧下さい!

ビットクラブのより詳しい情報とお申し込みはこちら!

 

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーン

ブロックチェーンは、インターネット上に構築される「改ざんの心配がほぼない分散型台帳」で、ビットコインのベースでもありますが、暗号通貨や金融を超え、あらゆる産業に大きな影響を与えます。

ブロックチェーンに関しては、ますは以下の動画を見て下さい。

ブロックチェーンが産業、企業、個人のすべてに大変なインパクトを与えると考えられている理由には、大きく次の4つが考えられます。

第一に、インターネットではデータを改ざんされるリスクが常にありますが、それがほぼなくなります。何十万、何百万という数の公開台帳にすべての取引情報をつなげて記録していきますので、その全部を改ざんすることがほぼできません。

第二に、決済コストが極めて低く、従来の1/10~1/100になりますので、数十円を送金したり、気にいったアーティストに支払ったりすることができるようになりました。出稼ぎで稼いだなけなしのお金から大きく手数料を取られて目減りする、ということもなくなります。

第三に、事前に設定しておけば、全自動で情報のやりとりと支払いをすませることのできる「スマートコントラクト」を使うことができるようになります。

スマートコントラクトにより、自動車が異音・振動などから自ら故障予知をし、ガソリンスタンドに到着する前に、整備工場に連絡をして、補修部品を用意しておく、というようなことも人手をわずらわされずにできるようになります。

また、企業が顧客に対して納品する際も、自動で納品・検品・検収・支払いが済まされます。紙の書類がなくなり、人手がいらず、処理も瞬時なので、企業活動の生産性が圧倒的に上がります。

スーパーに行って、1リットルの牛乳パックを1つと、ティッシュペーパーを3箱かごに入れたら、そのままレジのところを通るだけで、スマートコントラクトを使って支払いが済まされることもできるようなります。それだけではなくて、これまでの購買履歴に基づいて、そろそろ消耗品がなくなるころには、全自動でスーパーに注文が行き、勝手に納品されることもスマートコントラクトを通じて実施することができるようになります。これらはIoTやセンサーで可能になりますが、ブロックチェーンがなければデータ改ざんが心配ですし、安心して支払いをすることができません。

第四に、ブロックチェーンにより、自律分散型で安定したシステム構築、運用ができるようになります。これまで、企業では、集中してデータ管理、決済処理をしていますので、その1カ所がたまたま、あるいは負荷が大きすぎたり悪意の攻撃をされたりしてダウンすると、すべてのシステムが止まってしまいます。そういう心配がほぼすべてなくなります。

詳しくは上記の出展元「連載:ブロックチェーンがおよぼすビジネスインパクト」の記事をお読みいただけると、より理解が深まります。

ブロックチェーン革命
ブロックチェーンの衝撃

世界のc0ban導入店舗を地図上に可視化するc0ban worldをリリース

c0ban.world
株式会社LastRoots(本社:東京都港区 代表取締役CEO:小林慎和 以下LastRoots)は、c0banを活用した動画広告サービスの利用店舗(法人)及び、c0banを活用した決済サービスが利用可能な店舗(法人)を地図上に可視化するウェブアプリケーション、c0ban worldをリリースしたことをお知らせ致します。


このウェブアプリケーションによって、c0banユーザー(消費者)の方は、どの地域、どの店舗でc0banを利用可能なのかどうか、ひと目で把握することが可能となります。この度リリースしたウェブアプリケーションc0ban.worldは次の機能を有しています。
https://c0ban.world/


c0banを活用した動画広告サービス利用店舗(法人)
c0banを活用した決済サービス利用可能な店舗(法人)
c0banを活用したプロモーションを展開している店舗(法人)
・上記、店舗(法人)についての店舗概要(会社概要)
・上記、店舗(法人)の地図上へのマッピング
・地域名による検索機能
c0banを活用した動画広告サービスの累積配信動画数(配信予約含む)


c0ban.world2017年3月6日現在、c0banアプリでの動画広告配信数(予約含む)は、120本を超えており、利用意向のある店舗(法人)は1000アカウントを突破しております。同サイトにて情報公開していく予定です。


また、c0ban.worldは、さらなるc0banユーザー(消費者)の利便性向上に向けて次の機能も順次追加し展開していく予定です。c0ban WebWalletとの連携、c0banアプリとの連携、c0banアプリ及びc0ban WebWalletとのシングル・サインオン機能、配信している動画広告との連携、現在展開中のプロモーションとの連携。


c0ban購入はこちらから


【会社概要】
会社概要:株式会社LastRoots
代表:代表取締役CEO 小林慎和(こばやしのりたか)
お問い合わせ: c0ban@lastroots.com(c0ban広告担当:斎藤)
コーポレートサイト:http://www.lastroots.com
c0ban.wolrdサイト:https://c0ban.world/
c0ban広告法人様向けサイト:http://www.lastroots.com/c0ban-cp/
アプリダウンロードURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lastroots.c0ban

世界初!仮想通貨×動画広告サービスc0ban(コバン)導入意向店舗数、ならびにweb系案件が日本全国、海外で1,000アカウントを突破

c0ban

c0banアプリでの動画広告の公開本数は100本を突破

株式会社LastRoots(本社:東京都港区 代表取締役CEO:小林慎和 以下LastRoots)はこの度、動画広告サービスのc0ban導入意向店舗数、web系案件が営業開始3ヶ月で日本及び海外で1,000アカウントを突破したことを発表致します。

また、動画広告を配信するプラットフォームアプリ、c0banアプリ内での動画広告の公開本数は100本を突破致しました。当社アカウントになられた広告主様は、期間限定または年間契約にてc0banサービスをご利用頂く形となっております。

店舗開拓に関しては、大手飲食チェーンを開拓し、年内での1万アカウント導入を視野に入れて事業を推進しております。また、現在動画広告を1本無料制作するキャンペーンを実施中です。

c0ban広告では、アプリ内にて訴求力の高い動画広告を積極活用し、また新規顧客への来店を促す独自の機能(仮想通貨c0banの付与など)を使うことにより、従来からネックとなっていた店舗様の集客、ROI(投資対効果)改善を実現致します。

また、c0banアプリでは、店舗様動画のみならず、ナショナルブランド、飲食、旅行、化粧品、不動産、人材、教育、webコンテンツ、ゲーム、スポーツ、ドローン、面白動画、また地域との連携による地方創生に関する動画など、様々な動画広告を展開していく予定です。

c0ban購入はこちらから

c0ban加盟店様抜粋
http://www.lastroots.com/c0ban/#affiliate

[動画広告1本無料制作キャンペーン]
現在アカウント数限定で、動画広告を1本無料制作するキャンペーンを実施しております。年間契約など一定の条件をクリアされた法人様が対象となります。詳しくはお問い合わせください。

[c0banとは?]
LastRootsでは独自に生み出した仮想通貨c0banを多くの店舗様、企業様、そして一般の消費者にも利用してもらうべく、これまでサービス設計、開発を進めてきました。c0banの普及と価値向上だけでなく、業界の活性化も見据え、ブロックチェーン技術を活用した世界初のサービス「c0banアプリ」を先日リリースさせて頂きました(2017年2月23日)。

c0banアプリとは、仮想通貨と動画広告を組み合わせた動画広告配信プラットフォームとなります。店舗や企業は、アプリ内で独自の動画広告を配信することが可能で、配信は無料、アプリユーザー(消費者)が完全視聴した場合にのみ、広告費が発生します。
c0banアプリの特徴は、広告費として、仮想通貨c0banが活用される点にあり、広告を見たアプリユーザー(消費者)に、広告主である、企業や店舗が直接c0banを付与することになります。つまり、アプリユーザー(消費者)は、アプリ内の動画広告を視聴するだけで、仮想通貨c0banを獲得出来ることになります。

これまでの広告は、広告主が広告費を費やし、動画(静止画)を制作し、消費者に届けてきました。広告を見る消費者は、広告を無料で見ることが可能ですが、広告主から直接消費者に何らかの価値が提供されることはなく、広告自体がターゲットにしている消費者に本当に見られているか否か、届いているか否か正確には分からないのが実情です。

c0ban広告はc0banアプリ上で広告主が自社のサービス、商品を直接アプリユーザー(消費者)に向けて動画でPRします。飲食店などでは今後、その日だけのメニューを動画撮影し、リアルタイムでアプリユーザー(消費者)に届けることも可能です。

アプリユーザー(消費者)のメリットとしてはアプリ内での店舗、企業の動画広告を視聴するだけで、c0banを獲得可能ですが、貯めたc0banを様々な場所で使え、飲食店などの店舗だけでなく、web上で物やサービスを購入することができるようになる予定です。

店舗側、企業側のメリットとしては、自社顧客また潜在顧客に直接価値提供をし、事前に顧客を囲い込むことができるようになります。

c0banを獲得した消費者が自社店舗、webサイトを訪れ、c0banを活用して決済した場合、自社サービスを提供して頂くことも可能です。

また、c0ban広告では、消費者がどの店舗、企業からc0banを得ているのか、そのビッグデータをLastRootsは蓄積していきます。c0ban広告を利用される店舗、企業は、そうしたデータベースへのアクセスも可能になる予定です。

サービスの概要については、当社法人様向けウェブサイトもご確認ください。
http://www.lastroots.com/c0ban-cp/

c0banアプリ紹介動画

LastRootsではこれを皮切りに、さらなる店舗開拓に邁進していく予定です。

c0ban購入はこちらから

【会社概要】
会社概要:株式会社LastRoots
代表:代表取締役CEO 小林慎和(こばやしのりたか)
お問い合わせ: c0ban@lastroots.com(c0ban広告担当:斎藤)
コーポレートサイト:http://www.lastroots.com
c0ban広告法人様向けサイト:http://www.lastroots.com/c0ban-cp/
アプリダウンロードURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lastroots.c0ban

仮想通貨(暗号通貨)元年!

仮想通貨元年

今年に入って、ネット上で「2017年は仮想通貨元年!」というのをよく見るようになりました。

私自身は、数年前より「仮想通貨」には注目してまして、実は一昨年にビットコインを10万円ほど購入してました。

今年の1月5日には、中国で大量の買いが入り、50万円くらいになりました。

そのままホールドしてましたので、規制がかかって、今は36万円です。それでも3倍強になってます。

ちなみに、私はcoincheckbitFlyerの2取引所に分散してビットコインを保有しています。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoinbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

こういう乱高下を見ると、危ない感がすごくするのですが、2016年には資金決済法が改正され、「仮想通貨法」が成立し、国もお金と認めました。
http://fis.nri.co.jp/ja-JP/publication/kinyu_itf/backnumber/2016/07/201607_6.html
https://bitflyer.jp/ja/virtual-currency-act

三菱東京UFJ銀行が2017年秋以降、安価な取引手数料の「MUFGコイン」サービスを提供予定と発表しており、メガバンクが仮想通貨事業への本格参入しますし、インターネット大手のGMOも仮想通貨事業に参入を発表しました。
http://japan.cnet.com/news/business/35095136/

このような状況が2017年に加速していくだろうということで、今年は「仮想通貨元年」と言われているのです。

しかしながら、まだまだ怪しいと思っている人は多いのも事実ですが、私は仮想通貨で多くの決済が行われる日は近いと見ています。

そもそも、お金の成り立ちを考えて見て下さい。

昔は物々交換でしたが、
お互いに欲しいものがない場合に
不便だったところから、
共通の価値として、
貝がらなどを媒体としていた
時代がありました。

そんなところから
「お金」というのが発明されて、
発展して来たことを
認識するところから
はじめてみて下さい。

紙媒体や金属でなくても、
数値だとしても、
みんなが何かに交換出来るものとして、
認識するようになれば、
電子マネーがこれだけ普及しているので、
そこはクリアしやすいところでしょう!

使えるところが増えることと
多くの人が認めれば、
これはお金として流通が加速するだろう!

実際のお店でビットコインが使えるところが少しづつですが、増えてきています。

私が注目している仮想通貨は「c0ban」というものですが、動画を見て小判をクリックすると、お小遣いが稼げる仕組みになっていて、時給1000円くらいになるように設計しているようです。(スマホアプリももうすぐリリースされます)

なので、それを使えるお店が増えてくれば、アプリを使ってお小遣い稼ぎをする人が広がるのは間違いでないです。

ということは、店舗側から見ると、店舗集客に使えそうなのです。

先行して、現在1000店までの
動画制作無料キャンペーンを行っています。
現在500店舗の撮影が終了し、残り500店舗になりました。

c0ban広告モデル

勉強カフェ岡山スタジオでも無料で動画製作していただきました。
もし、興味がある方は、ご連絡下さい。

また、「c0ban」は、金融庁と日本経済新聞社が21日開催した、「FinSum:フィンテック・サミット」において、「c0banIBM BlueHubアワードを受賞しました!
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO07485190R20C16A9000000/(フィンテック(金融とテクノロジーの融合)は、仕事や生活を一変させ、世界に広がる困難な問題も解決できる――。)
c0ban」紹介Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=QaVULPMj2_I

ちなみに「c0ban」の現在価格は90円ですが、2月の取引所オープン時には120円になるそうです。(1月末で100円に値上がりするようです。)

もう少し詳しい情報が来ましたら、シェアさせていただきます。

ちなみに、仮想通貨は、正確には「暗号通貨」と言います。
言葉としては、仮想通貨よりも「電子通貨」の方が受け入れられやすいかも?

とにかく「仮想通貨」には注目しておきましょう!
http://www.mag2.com/p/money/30721

(仮想通貨についての動画)
https://youtu.be/ReswxtH4d3U
https://youtu.be/MACC_Q43Oio
https://youtu.be/N0RWrZRYiaY