ビットコイン

マイニング世界最王手”ジェネシスマイニング”CFOとの対談

ジェネシスマイニングチーム

GPUマイニング世界一企業「ジェネシスマイニング」のCFOとの対談が実現!
・現在一番リターンの高いマイニングとは?
・CPU、GPU、ASICマイニングの違いとそれぞれの特徴
・マイニングの歴史
・今後のマイニング事業の取り組み

採掘(マイニング)とは?

採掘(マイニング)とは、新たなブロックを生成し、その報酬としてビットコインを手に入れる行為のことです。2015年9月現在は25BTCが報酬としてもらえます。

技術的には数学的な計算を繰り返し、特定の条件を満たす解を見つけるという行為であり、たくさんのハードウェアと電気代が必要になります。

またこの行為がビットコインネットワークを安全に保つための源泉となっておりビットコインが自己完結的であるための重要な仕組みでもあります。

採掘者(マイナー)が採掘をする行為によりビットコインのP2Pネットワークが維持されており、その他の一般ユーザーはこの恩恵に与ってビットコインをネットワーク上で送付することが可能となります。

ブロックはトランザクションをまとめたものです。まだどのブロックにも入っていないトランザクションを集めて、それに自分自身の報酬トランザクション(コインベースと呼びます)を加えたものに任意の数値(ナンスと呼びます)を加えてそのハッシュを計算します。そのハッシュ値の先頭の0がn個以上あれば(つまり一定の数値以下の値であれば)採掘が成功し新たなブロックとして配信します。

採掘という行為はナンスをどんどん変化させてハッシュ値がある数値以下になるまで繰り返すということなのです。

採掘によって得られる報酬はコインベースの報酬とブロック内のすべてのトランザクションの手数料の合計です。したがって手数料の大きいトランザクションは積極的にブロックに入り、低いトランザクションは後回しにされます。

なお、共同でマイニングしてストック収入を構築出来るマイニングプール「ビットクラブ(BitClub)」はこちらから
bitclub(ビットクラブ)

仮想通貨ビットコインとお金の未来 スーパープレゼンテーション ネハ・ナルラ氏が仮想通貨の仕組みを分かりやすく解説“お金の未来”を語る(字幕版)

仮想通貨”ビットコイン”とお金の未来

Eテレにて2月2日に放送してたスーパープレゼンテーションでは、「仮想通貨”ビットコイン”とお金の未来」で暗号通貨の仕組みを分かりやすく解説。

ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)の勉強するには、分かりやすく良い内容かなと思います。

YouTubeに動画があったのでシェアします。

NHK深読み_お金の常識が変わる 拡大するビットコイン

NHK深読み「拡大するビットコイン」

拡大する”ビットコイン” 仮想通貨が社会を変える?

インターネット上で流通する仮想通貨”ビットコイン”が世界で拡大しています。
流通量はおよそ1兆円に達し、日本でも2500店舗が導入。

政府は今月、取得の際にかかる消費税をなくす方向で議論を進めることにしています。

決済や送金のコストが安いといったメリットの一方、取引所の安全性や税金をどうするのかなど課題もある”ビットコイン”。仮想通貨の仕組みを分かりやすく解説しながら、”お金の未来”を先読みします。

■2016年10月29日NHK放送 週間深読み 拡大するビットコイン

「ビットコイン」をご存じですか?

インターネット上だけで存在する“お金”で、お札や硬貨はありません。

「仮想通貨」と呼ばれ、いま使用者が増え続けているんです。

ビットコインは、世界中で使えます。インターネット上でやりとりできるので、海外に送金する場合、銀行に手数料を支払ったりする必要がありません。

そうした便利さから、今ではビットコインの市場規模は全世界で一兆円にも登っています。

急拡大の一方でトラブルも起きています。

今回の「深読み」では、「仮想通貨」がもたらす“お金の未来”について、徹底的に考えていきます。近い将来、あなたのお財布の中身が変わっているかも。

NHK 密着 ビットコイン最前線

密着 ビットコイン最前線

インターネット上で市民が自由に取引する仮想通貨“ビットコイン”。

世界最大の取引所のひとつ、MtGoxから450億円分のビットコインが消失した事件をきっかけに、仮想通貨の安全性をどう担保するか、法の整備や規制のあり方を巡り議論が巻き起こっている。

しかし一方で、仮想通貨に対する市民の熱は世界中に広がっている。
日々新しい仮想通貨が生まれ、その数は数百種。
アメリカでは投資ファンドが目を付け、商品化と売り出しが過熱しているという。

市民が作り管理する“新しいマネー”はどんな未来をもたらすのか。
番組では、ビットコインの最前線を追い、不安の声も含めてその実像を見つめる。