Bitclubマイニング管理画面

こちらの記事を見て下さい!

この方は、ビットクラブのマイニングプール事業へ当時の価格で3.5BTC(3500ドルですので日本円で40万円弱)の投資で、2年間で20BTC=600万円(2017年6月14日30万円計算)の投資対効果は近年のさまざまな投資の中では圧倒的なパフォーマンスを叩き出しています!

英語がわかる方は、こちらの動画「BitClub Earnings Update – March 2017 – 20 BTCs Earned (over $25,000 currently) Passive Income」も見て下さい!

それも労働はほぼ0ですから、凄いことです。実業が馬鹿らしくなりますよねー!

だからと言って、誰かのお役に立たない人生では、幸せにはなれません。

そういうストック収入を得ながら、お金の心配をせずに安心して、人や社会のために、志を果たそうとする生き方が出来るとしたら、素晴らしいと思いませんか?

私も先日から投資しておりますが、2年間は再投資に回して、複利でレバレッジを効かそうと思っています!

Bitclub JapanのLINE@メルマガ講座はこちら!(登録キーワード:「ストックインカム」)
以下のQRコードからも登録可能です。
Bitclub Japan LINE@メルマガ講座 Bitclub Japan LINE@メルマガ講座

ビットクラブへのマイニング事業で年金収入を得たい方は、こちらをご覧下さい

ビットコインの採掘(マイニング)とは

ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。

その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるようにがんばってくれたことへの報酬として、ビットコインが支払われるのです。

この報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こるのです。

ゲームをしていてもいいし、ネットで遊んでいてもいいのに、わざわざ膨大な計算を行ってビットコイン全体の発展に貢献してくれた人へのささやかな感謝の形が、新規ビットコインの発行なのです。

この新規発行に至る行為は「採掘(マイニング)」と呼ばれています。

コンピューターの計算能力をお金に変えるビジネスと割りきって、日夜採掘(マイニング)に励んでいる人たちが世界中に存在します。そのおかげで、今日もビットコインの安全性が保たれているのです。

通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に力を注いでいるのです。

ビットコインは誰が管理しているの?

円やドルと全く同じような通貨であれば、わざわざ新しい通貨を作る必要性はありません。ビットコインは、他の通貨と比較して何が決定的に違うのでしょうか。

最大の違いは、通貨を管理する「中央銀行」が存在しない、ということです。ビットコインには、発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないのです。

ビットコインは、国家や企業が運営している仮想通貨ではありません。円やドルと同じような通貨なのに、どこの国も、企業も、ビットコインの発行・流通には関与していないのです。この非常識な概念が、ビットコインの最大の特徴です。

採掘(マイニング)で無限に生み出されるのか?

ビットコインの発行総量は、事前に決められています。また、採掘(マイニング)によって発行される量も調整されています。そのため、一瞬にして発行量が増えてインフレが起こったり、混乱が生じることを避けた設計がなされています。

ビットコインの発行総量は、2140年までに2,100万 Bitcoin とされていて、それ以降は新規に発行されることがありません。

ビットクラブへのマイニング事業で年金収入を得たい方は、こちらをご覧下さい