暗号通貨

ブロックチェーン・カンファレンス2017開催決定!

ブロックチェーンカンファレンス

ブロックチェーンカンファレンス


2017年11月11日(土曜日)、新高輪プリンスホテルの飛天の間において、ブロックチェーン・カンファレンスを開催します。

数多くの著名な暗号通貨企業のトップが参加し、直接、皆さんにそれぞれの暗号通貨の魅力をお話頂けます。

そして午前中には、既に取引所に登録されている大手暗号通貨各社のトップが一堂に会するパネルディスカッションが開催されます。

“ 暗号通貨が広げる人類の未来!! “

非常に興味深い内容を聞けると思います。

2,400人収容できる巨大ホールですが余裕を持ってゆったりと話も聞けるように今回は1,600人の限定で開催します。

参加暗号通貨企業(取引所登録済)はこちらの7社となります。
各社のトップが参加頂けます。

1.Qtum  (時価総額 14位)
2.Lisk (時価総額 15位)
3.Waves  (時価総額 19位)
4.Stellar  (時価総額 22位)
5.Ardor (時価総額 32位)
6.Bytom  (時価総額 74位)
7.GXS  (時価総額 79位)

そして登録所へはまだ未登録の暗号通貨企業はこちらの8社です。

1.CtC
2.Decent.bet
3.hush rush
4.JOBCOIN
5.APPOS
6.Ambisafe
7.icobox
8.Cofoundit

更にはこれ以外にも様々な暗号通貨関連企業がブースの出店をします。

朝10時~18時までの終日の開催です。

参加費用は10,000円(税別)となります。

そして当日の夜、当日のスピーカー皆さんが参加する夜に開催される、立食パーティへの参加も含めたVIPチケットは、30,000円となります。

当日の昼の各社のスピーチもVIP席は特別に前方に準備致します。

そしてサプライズ!!

参加することで参加費用以上のメリットがあるとすれば??

参加者全員に、当日参加される暗号通貨も含めて、様々な暗号通貨のトークンを無料で配布させて頂きます。

1社:10$分のトークンのプレゼントとして、10社から貰えればそれだけで100$。

参加費用の1万円以上のリターンがあります。

更にそれらのトークンが今後大きく値上がりして10倍になれば?

10万円以上のリターンということになります。

20社からトークンが配布されれば 200$
30社からトークンが配布されれば 300$

最終的に何社まで増えるかわかりませんが、既に5社からは承諾を得ていますし、大きく今後も伸びていきそうです。

参加して学び知識を得て、その上で物凄く得するカンファレンス!!

世界中を探してもこんな企画は他にはありません。

早期売切れ必須は間違い無し!!→http://www.pluscome.com/oq8a

世界初!仮想通貨×動画広告サービスc0ban(コバン)導入意向店舗数、ならびにweb系案件が日本全国、海外で1,000アカウントを突破

c0ban

c0banアプリでの動画広告の公開本数は100本を突破

株式会社LastRoots(本社:東京都港区 代表取締役CEO:小林慎和 以下LastRoots)はこの度、動画広告サービスのc0ban導入意向店舗数、web系案件が営業開始3ヶ月で日本及び海外で1,000アカウントを突破したことを発表致します。

また、動画広告を配信するプラットフォームアプリ、c0banアプリ内での動画広告の公開本数は100本を突破致しました。当社アカウントになられた広告主様は、期間限定または年間契約にてc0banサービスをご利用頂く形となっております。

店舗開拓に関しては、大手飲食チェーンを開拓し、年内での1万アカウント導入を視野に入れて事業を推進しております。また、現在動画広告を1本無料制作するキャンペーンを実施中です。

c0ban広告では、アプリ内にて訴求力の高い動画広告を積極活用し、また新規顧客への来店を促す独自の機能(仮想通貨c0banの付与など)を使うことにより、従来からネックとなっていた店舗様の集客、ROI(投資対効果)改善を実現致します。

また、c0banアプリでは、店舗様動画のみならず、ナショナルブランド、飲食、旅行、化粧品、不動産、人材、教育、webコンテンツ、ゲーム、スポーツ、ドローン、面白動画、また地域との連携による地方創生に関する動画など、様々な動画広告を展開していく予定です。

c0ban購入はこちらから

c0ban加盟店様抜粋
http://www.lastroots.com/c0ban/#affiliate

[動画広告1本無料制作キャンペーン]
現在アカウント数限定で、動画広告を1本無料制作するキャンペーンを実施しております。年間契約など一定の条件をクリアされた法人様が対象となります。詳しくはお問い合わせください。

[c0banとは?]
LastRootsでは独自に生み出した仮想通貨c0banを多くの店舗様、企業様、そして一般の消費者にも利用してもらうべく、これまでサービス設計、開発を進めてきました。c0banの普及と価値向上だけでなく、業界の活性化も見据え、ブロックチェーン技術を活用した世界初のサービス「c0banアプリ」を先日リリースさせて頂きました(2017年2月23日)。

c0banアプリとは、仮想通貨と動画広告を組み合わせた動画広告配信プラットフォームとなります。店舗や企業は、アプリ内で独自の動画広告を配信することが可能で、配信は無料、アプリユーザー(消費者)が完全視聴した場合にのみ、広告費が発生します。
c0banアプリの特徴は、広告費として、仮想通貨c0banが活用される点にあり、広告を見たアプリユーザー(消費者)に、広告主である、企業や店舗が直接c0banを付与することになります。つまり、アプリユーザー(消費者)は、アプリ内の動画広告を視聴するだけで、仮想通貨c0banを獲得出来ることになります。

これまでの広告は、広告主が広告費を費やし、動画(静止画)を制作し、消費者に届けてきました。広告を見る消費者は、広告を無料で見ることが可能ですが、広告主から直接消費者に何らかの価値が提供されることはなく、広告自体がターゲットにしている消費者に本当に見られているか否か、届いているか否か正確には分からないのが実情です。

c0ban広告はc0banアプリ上で広告主が自社のサービス、商品を直接アプリユーザー(消費者)に向けて動画でPRします。飲食店などでは今後、その日だけのメニューを動画撮影し、リアルタイムでアプリユーザー(消費者)に届けることも可能です。

アプリユーザー(消費者)のメリットとしてはアプリ内での店舗、企業の動画広告を視聴するだけで、c0banを獲得可能ですが、貯めたc0banを様々な場所で使え、飲食店などの店舗だけでなく、web上で物やサービスを購入することができるようになる予定です。

店舗側、企業側のメリットとしては、自社顧客また潜在顧客に直接価値提供をし、事前に顧客を囲い込むことができるようになります。

c0banを獲得した消費者が自社店舗、webサイトを訪れ、c0banを活用して決済した場合、自社サービスを提供して頂くことも可能です。

また、c0ban広告では、消費者がどの店舗、企業からc0banを得ているのか、そのビッグデータをLastRootsは蓄積していきます。c0ban広告を利用される店舗、企業は、そうしたデータベースへのアクセスも可能になる予定です。

サービスの概要については、当社法人様向けウェブサイトもご確認ください。
http://www.lastroots.com/c0ban-cp/

c0banアプリ紹介動画

LastRootsではこれを皮切りに、さらなる店舗開拓に邁進していく予定です。

c0ban購入はこちらから

【会社概要】
会社概要:株式会社LastRoots
代表:代表取締役CEO 小林慎和(こばやしのりたか)
お問い合わせ: c0ban@lastroots.com(c0ban広告担当:斎藤)
コーポレートサイト:http://www.lastroots.com
c0ban広告法人様向けサイト:http://www.lastroots.com/c0ban-cp/
アプリダウンロードURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lastroots.c0ban

仮想通貨(暗号通貨)元年!

仮想通貨元年

今年に入って、ネット上で「2017年は仮想通貨元年!」というのをよく見るようになりました。

私自身は、数年前より「仮想通貨」には注目してまして、実は一昨年にビットコインを10万円ほど購入してました。

今年の1月5日には、中国で大量の買いが入り、50万円くらいになりました。

そのままホールドしてましたので、規制がかかって、今は36万円です。それでも3倍強になってます。

ちなみに、私はcoincheckbitFlyerの2取引所に分散してビットコインを保有しています。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoinbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

こういう乱高下を見ると、危ない感がすごくするのですが、2016年には資金決済法が改正され、「仮想通貨法」が成立し、国もお金と認めました。
http://fis.nri.co.jp/ja-JP/publication/kinyu_itf/backnumber/2016/07/201607_6.html
https://bitflyer.jp/ja/virtual-currency-act

三菱東京UFJ銀行が2017年秋以降、安価な取引手数料の「MUFGコイン」サービスを提供予定と発表しており、メガバンクが仮想通貨事業への本格参入しますし、インターネット大手のGMOも仮想通貨事業に参入を発表しました。
http://japan.cnet.com/news/business/35095136/

このような状況が2017年に加速していくだろうということで、今年は「仮想通貨元年」と言われているのです。

しかしながら、まだまだ怪しいと思っている人は多いのも事実ですが、私は仮想通貨で多くの決済が行われる日は近いと見ています。

そもそも、お金の成り立ちを考えて見て下さい。

昔は物々交換でしたが、
お互いに欲しいものがない場合に
不便だったところから、
共通の価値として、
貝がらなどを媒体としていた
時代がありました。

そんなところから
「お金」というのが発明されて、
発展して来たことを
認識するところから
はじめてみて下さい。

紙媒体や金属でなくても、
数値だとしても、
みんなが何かに交換出来るものとして、
認識するようになれば、
電子マネーがこれだけ普及しているので、
そこはクリアしやすいところでしょう!

使えるところが増えることと
多くの人が認めれば、
これはお金として流通が加速するだろう!

実際のお店でビットコインが使えるところが少しづつですが、増えてきています。

私が注目している仮想通貨は「c0ban」というものですが、動画を見て小判をクリックすると、お小遣いが稼げる仕組みになっていて、時給1000円くらいになるように設計しているようです。(スマホアプリももうすぐリリースされます)

なので、それを使えるお店が増えてくれば、アプリを使ってお小遣い稼ぎをする人が広がるのは間違いでないです。

ということは、店舗側から見ると、店舗集客に使えそうなのです。

先行して、現在1000店までの
動画制作無料キャンペーンを行っています。
現在500店舗の撮影が終了し、残り500店舗になりました。

c0ban広告モデル

勉強カフェ岡山スタジオでも無料で動画製作していただきました。
もし、興味がある方は、ご連絡下さい。

また、「c0ban」は、金融庁と日本経済新聞社が21日開催した、「FinSum:フィンテック・サミット」において、「c0banIBM BlueHubアワードを受賞しました!
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO07485190R20C16A9000000/(フィンテック(金融とテクノロジーの融合)は、仕事や生活を一変させ、世界に広がる困難な問題も解決できる――。)
c0ban」紹介Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=QaVULPMj2_I

ちなみに「c0ban」の現在価格は90円ですが、2月の取引所オープン時には120円になるそうです。(1月末で100円に値上がりするようです。)

もう少し詳しい情報が来ましたら、シェアさせていただきます。

ちなみに、仮想通貨は、正確には「暗号通貨」と言います。
言葉としては、仮想通貨よりも「電子通貨」の方が受け入れられやすいかも?

とにかく「仮想通貨」には注目しておきましょう!
http://www.mag2.com/p/money/30721

(仮想通貨についての動画)
https://youtu.be/ReswxtH4d3U
https://youtu.be/MACC_Q43Oio
https://youtu.be/N0RWrZRYiaY