仮想通貨(暗号通貨)取引所比較

Zaif

2014年6月に設立されました。元々ビットコインのウォレットサービスなどを提供していましたが、個人の方が運営していたetwingsというビットコイン取引所を買収するかたちで2015年3月に取引所サービスをスタートさせました。同月には約1億円、2016年5月には約7.2億円の資金調達も行っています。

マイナス手数料という、取引を行うことによりユーザーが手数料をもらえるサービスが特徴です。ビットコインのほかに日本発の仮想通貨であるモナコインや日本人の人気が高いNEM他多くの種類の仮想通貨を取り扱っています。スマホアプリとのアカウント連動が出来ないのが残念(私のやり方が悪いのかも?)!

取引所事業以外にもプライベートブロックチェーンmijinの開発などを行っています。

coincheck

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

2012年8月に設立されたコインチェック株式会社(2017年3月に改名)により運営されています。元々storys.jpというWebメディアを運営していた企業ですが、2014年8月にビットコイン事業に進出しました。

取扱通貨が多いし、スマホアプリが多機能で良いですね!スマホアプリでも各通貨のチャートが見れるのが良いですね!国内としてはいち早く信用取引を導入した取引所であり、クレジットカードによる購入も可能です。

取引所以外にも国内の決済サービスのなかでは最も大きいシェアを持つものと思われるcoincheck paymentを運営しています。ビットコイン以外にも多くの種類の仮想通貨の販売所サービスを提供しています。

bitflyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2014年1月に設立されました。2015年1月にはリクルートやGMOのファンドから約1億3千万、8月には三菱UFJキャピタル、電通デジタル・ホールディングスなどから約5億1千万円、2016年4月にはSBIインベストメントなどから約30億円の資金調達を行うなど、日本のビットコイン関連会社の中では最も資金力のある企業といえます。

販売所形式がメインでしたが、2015年7月には取引所もオープンしています。国内取引所としてはいち早くマルチシグネチャを導入するなど、豊富な資金力を活かしてセキュリティ関連に最も力を入れているのが特徴です。

スマホアプリのPCとのアカウント連動が出来ますが、機能はあまり充実していないです。

取引所以外にもビットコイン・クラウドファンディングのfundFlyer、ブロックエクスプローラーのchainFlyer、決済サービスのbitWire等様々なビットコイン関連サービスを提供しているほか独自のブロックチェーン技術の開発なども行っています。