NFT(代替不可能トークン)とは何か?

NFTとは

NFTとは「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。

2018年頃に登場し、ブロックチェーン技術を活用する事でコピーできないデジタルデータを作成することができ、データの所有者は自由に二次流通を行うことができます。

現在、主にブロックチェーンゲームや、クリプトアートにNFTが活用されていますが、今後、様々なアセットがデジタル化していく中で、よりNFTが活用されていくことが予想されます。

NFTでは、すべてのトークンは唯一無二で、また分割することができません。

このため希少価値を見出しやすく、イメージとしては通貨よりも美術品のほうが近いかもしれません。そのため、個々のトークン特有の価値、高騰する理由が生まれます。

【仮想通貨用語】NFT(ノンファンジブル・トークン)とは? デジタルデータの革命到来!

【初心者必見/仮想通貨】NFTバブルに乗り遅れるな。オススメ銘柄と投資戦略

【初心者向け】NFTを解説!75億円の価値がつくデジタルデータとは?

主なNFT落札事例(3億円?6000万円?1300万円?)

【簡単解説】NFTとは?ブロックチェーンは日常へ!市場が爆拡大する予感!?

なぜDeFiの次がNFTなのか?5つの理由【徹底解説シリーズ】

NFT銘柄一覧 15種類

●SAND
●ENJIN
●FLOW
●MANA
●Aavegotchi (GHST)
●MEME
●Rarible (RARI)
●WHALE
●Dego Finance (DEGO)
●Bonk Token (BONK)
●SHROOM
●REVV
●Small Love Potion(SLP)
●Polyient Games(PGFK)
●COCOS

ほとんどのNFT銘柄のコインが上昇してますね!

『The Sandbox』の仮想空間にコインチェックのLANDが誕生

~ コインチェックのNFTマーケットプレイスにてLANDの販売予定 ~

コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾 聡、以下当社)は、ブロックチェーンゲーム『The Sandbox』の仮想空間上の土地である「LAND」のNFT(ERC-721規格)を取得しました。

ツイッター社ドーシー氏、イーサリアム上で2006年のツイートをNFTトークンとして発行

Twitter社のCEO、Jack Dorsey氏が、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上で2006年に投稿した最初のツイートをNFT(非代替性トークン)として発行したことを発表した。

Follow me!

日本円を仮想通貨(暗号資産)に変換する(日本円で仮想通貨を買う)には、日本の金融庁から営業許可を受けている仮想通貨取引所に日本円を振込して、その取引所が取り合っ買っている暗号通貨に変換する(買う)ことからはじまります。

(海外の暗号通貨取引所では日本円を振込することが出来ません。クレジットカードで買えることは可能ですが、手数料がかなり高いと思われます。)

また、海外の取引所に預けている暗号通貨を日本円に現金化するにも日本の仮想通貨取引所に一旦送金して、そのコインを売却することにより、現金化が出来ます。

つまり、日本人が暗号通貨をスタートするには、日本の仮想通貨取引所に口座開設するところからはじまります。下記に取引所の比較をしてますので、参考にしてみて下さい。

日本国内仮想通貨取引所比較