オススメの取引所でXRPを保有して、11,500円お得に、Sparkトークンもらおう!

XRP(リップル)保有者への「Sparkトークン」付与について、暗号資産(仮想通貨)取引所が対応を検討する旨をアナウンスしています。

Flare Networksは、リップル社の投資部門Xpringが出資を行なっているプロジェクトで、XRPの保有者に対し、1:1の割合でSparkトークンを付与するエアドロップを8月10日に発表しました。

Flare Networks(フレア・ ネットワークス)とは

Flare Networks(フレア・ ネットワークス)は、XRPの土台となっている分散型台帳「XRP Ledger(XRPL)」にスマートコントラクトを実行するイーサリアムの根幹技術である「Ethereum Virtual Machine(EVM)」を統合することによって、XRP Ledgerに”スマートコントラクト機能”を導入するプロジェクトであり、Ripple(リップル)社の投資部門である「Xpring」も出資を行っています。

「Sparkトークン」とは、このFlare Networksが展開するネットワーク上でガバナンストークンとして利用されるトークンのことであり、スマートコントラクトを作動させるためにはSparkトークンを担保にして発行される「FXRP」が必要になるとされています。

「Flare Networks」はこれらの仕組みを実現するために、既存のXRP保有者に対して「1XRP=1Sparkトークン」の割合でSparkトークンを無料配布することを予定しているため、仮想通貨業界ではこの”Sparkトークン無料配布”のことが『Flare NetworksのXRP保有者に対するSparkトークン付与』などと呼ばれています。

Sparkトークン付与日時

Sparkトークン分配量を決定するための権利確定日となる「スナップショット」は、20年12月12日を予定しているようです。

ただし「Sparkトークンの配布」ではトークンを欲しい人だけが任意で申請を行う必要がある「オプトイン方式」が採用されているため、トークン付与を希望する人々は申請手続きを行う必要があります。そしてこれが「暗号資産取引所の対応方針」に注目が集まっている理由でもあります。

「暗号資産取引所のウォレット」でXRPを保有している場合には、取引所側が何らかの対応を行わなければ取引所ユーザーもSparkトークンを受け取ることができなくなってしまうため、トークン付与を希望している方は『自分が使用しているウォレット・取引所がSparkトークンの付与に対応しているか?』を確認することが重要となります。

XRP(リップル)保有者向けのトークン付与、Flare Networkが詳細を公開

https://coinpost.jp/?p=201124

Sparkトークン付与計画が発表になりました。

Sparkトークンの受け取る資格を持つユーザーにはまず保有するXRPトークンの15%に相当するSparkトークンが付与される予定で、残りの85%のSparkトークンは最低で25ヶ月、最大で34ヶ月の期間にかけて順次分配する計画としています。

毎月の付与される比率は2%から4%の範囲でFTSO(Flare Time Series Oracle)と呼ばれるオラクルによってランダムに決定されることになり、このプロセスはトークンが全て付与されるか34ヶ月が経過するまで継続される予定だそうです。

34ヶ月が経過した後に付与されるSparkトークンが余っていた場合はガバナンス投票によってトークンの分配方法、またはバーンするかを決定する。仮にバーンとなった場合は保有できるトークン数は減少するものの、保有比率に変更は行われません。

COINPOST記事より

とのことです。

オススメ暗号通貨取引所

これだけです。簡単ですね!

日本国内の暗号資産取引所でXRPを取り扱っているのは2020年9月時点で「Liquid・bitFlyer・bitbank・SBI VCトレード・GMOコイン・Huobi・BITPoint・DMM Bitcoin・コインチェック・DeCurret・BITMAX・FXcoin」の12社ありますが、現時点で安心できそうなのは「bitbank・SBI VCトレード・GMOコイン」のいずれかです。

中でも、北尾さん率いるSBIグループは、XRPの推進者であると言うことで、XRP関係に強いパイプがあるのではないかと思うので、私は「SBI VCトレード」を一押しにしたい。今なら、口座開設だけで40XRP(2,500円相当)がもらえます。

取引所としては、まだまだな感じですが、北尾さん率いるSBIグループは、XRP推進に、いずれ相当な力を入れてくるのではないかと思います。

そして、どうせ「SBI VCトレード」に口座開設するなら、「moppy(モッピー)」経由で、よりお得に解説しましょう!今なら10,000POINT(1P=1円)もらえます。(PayPayにも換金できます)

下記の手順を取るだけで、11,500円お得になりますね!

<国内12社一覧>

<国内事業者12社一覧>
株式会社bitFlyer
QUOINE株式会社
ビットバンク株式会社
SBI VC トレード株式会社
株式会社ビットポイントジャパン
株式会社DMM Bitcoin
株式会社Xtheta
コインチェック株式会社
株式会社ディーカレット
LVC株式会社
その他2社 
※⽇本暗号資産取引業協会(JVCEA)会員番号順

https://twitter.com/sbivc_official/status/1334773365341442048

Sparkトークンをもらうまでの手順

①まず、「moppy(モッピー)」に登録しましょう!

②登録後、「SBI VCトレード」ページの「POINT GET!」ボタンからジャンプして口座開設をする(合わせてKYC(本人認証)は完了しましょう)。

③口座開設後、2020年12月25日までにキャンペーンページから申込(40XRP付与条件)

④登録後60日以内に10,000円以上の暗号通貨を購入10,000POINT付与条件)★どうせならXRP購入しましょう!(早期終了の可能性あり)

12月12日までにXRPを購入するか、別の暗号通貨取引所で購入して、XRPを「SBI VCトレード」に送金しておく

moppy(モッピー)とは

今回のmoppy(モッピー)は、アマゾン楽天市場PayPayモールで買い物する時、ふるさと納税の時もmoppy(モッピー)を経由することで、チリツモでポイントが貯まるので、使わない手はないんです。

あと、旅行や出張行く時、外食する時も各種の予約サイトで普通に予約するなら、moppy(モッピー)経由で予約すると、ポイントたまりますので、気がついた時は、結構たまっているんです。

簡単!楽しく貯まるポイントサイト モッピー

1ポイント=1円で貯まったポイントは
現金や電子マネーに交換出来るよ♪

▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

SACHI@とんがりコイナーさんのSparkトークン解説はわかりやすい!

Sparkトークンの受け取り方!付与・上場はいつ?FXRPトークンとは?オプトインの方法!取引所や価格予想【仮想通貨・リップル】」もすごく勉強になりますよ!

Follow me!

日本円を仮想通貨(暗号資産)に変換する(日本円で仮想通貨を買う)には、日本の金融庁から営業許可を受けている仮想通貨取引所に日本円を振込して、その取引所が取り合っ買っている暗号通貨に変換する(買う)ことからはじまります。

(海外の暗号通貨取引所では日本円を振込することが出来ません。クレジットカードで買えることは可能ですが、手数料がかなり高いと思われます。)

また、海外の取引所に預けている暗号通貨を日本円に現金化するにも日本の仮想通貨取引所に一旦送金して、そのコインを売却することにより、現金化が出来ます。

つまり、日本人が暗号通貨をスタートするには、日本の仮想通貨取引所に口座開設するところからはじまります。下記に取引所の比較をしてますので、参考にしてみて下さい。

日本国内仮想通貨取引所比較

オススメの取引所でXRPを保有して、11,500円お得に、Sparkトークンもらおう!” に対して2件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。