Koindex(コインデックス)XRPホルダー向けのSpark エアドロップ対応します!

Koindex XRPホルダー向けのSpark エアドロップ対応のお知らせ

Koindexは、Flare Networksが予定している「リップル(Ripple/XRP)保有者」に対するSparkトークンの付与プログラムに下記条件にて対応します。

エアドロップの対象となるユーザー

スナップショット時に500XRP 以上(500XRP含む)の残高を保有するホルダー

スナップショットについて

2020年12月12日 09:00 JST 

エアドロップの数量

1XRPに対して、1SPARKトークンの付与を予定しています。

プロジェクト側の変更があった場合は、それに準じる。(分割配布のようです)

Koindexのエアドロップの流れ

Koindexは、スナップショット時に500XRP以上の保有者に全員にEmailを送ります。
②対象者は、Sparkトークンを受取るアドレス情報をメール記載のフォームから提出してください。
③プロジェクトがSPARKトークンを付与後、Koindexも順次対応致しますが、状況により時間がかかる場合があります。申請を頂いてから最大2週間以内の付与を予定しています。

Koindex or SBI VCトレード

KoindexでSparkトークン付与してくれる事で、資金移動しなくて済むので、良かったですね!

Koindexから見ると、資金が流出することを防ぐ効果がありますね!

以前からsparkトークンを無料エアドロップでもらうために、当ブログの人気記事ランキング1位にもなっている「オススメの取引所でXRPを保有して、11,500円お得に、Sparkトークンもらおう!」記事で紹介してきましたが、こちらも併用できる方は、併用して両方から受け取れば良いと思います。

オススメの取引所でXRPを保有して、11,500円お得に、Sparkトークンもらおう!」では、sparkに加えて(今なら)11,500円貰えるチャンスなんですから、もらわない手はないですよね!私は両方で貰いますよ!だって、くれるというものはもらっておきましょう!

手間は、「moppy(モッピー)」に登録して、「moppy(モッピー)」の「SBI VCトレード」ページの「POINT GET!」ボタンからジャンプして口座開設+資金10,000円以上の暗号資産保有ですから、それをXRP(リップル)にしとけば良いだけですね!

そして、Koindexでは、2020年12月12日までに、できる限り多くのXRPを保有することですね!

Sparkトークンとは?

では、これだけ騒がれているSparkトークンとは、一体どんなトークンなのでしょうか?

それは、「オススメの取引所でXRPを保有して、11,500円お得に、Sparkトークンもらおう!」の説明をしている動画をご覧下さい。(動画を作った時点では9,000円しかもらえなかったので、今の方がお得です。)

Follow me!

日本円を仮想通貨(暗号資産)に変換する(日本円で仮想通貨を買う)には、日本の金融庁から営業許可を受けている仮想通貨取引所に日本円を振込して、その取引所が取り合っ買っている暗号通貨に変換する(買う)ことからはじまります。

(海外の暗号通貨取引所では日本円を振込することが出来ません。クレジットカードで買えることは可能ですが、手数料がかなり高いと思われます。)

また、海外の取引所に預けている暗号通貨を日本円に現金化するにも日本の仮想通貨取引所に一旦送金して、そのコインを売却することにより、現金化が出来ます。

つまり、日本人が暗号通貨をスタートするには、日本の仮想通貨取引所に口座開設するところからはじまります。下記に取引所の比較をしてますので、参考にしてみて下さい。

日本国内仮想通貨取引所比較