仮想通貨/暗号通貨

仮想通貨(暗号通貨)元年!

仮想通貨元年

今年に入って、ネット上で「2017年は仮想通貨元年!」というのをよく見るようになりました。

私自身は、数年前より「仮想通貨」には注目してまして、実は一昨年にビットコインを10万円ほど購入してました。

今年の1月5日には、中国で大量の買いが入り、50万円くらいになりました。

そのままホールドしてましたので、規制がかかって、今は36万円です。それでも3倍強になってます。

ちなみに、私はcoincheckbitFlyerの2取引所に分散してビットコインを保有しています。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoinbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

こういう乱高下を見ると、危ない感がすごくするのですが、2016年には資金決済法が改正され、「仮想通貨法」が成立し、国もお金と認めました。
http://fis.nri.co.jp/ja-JP/publication/kinyu_itf/backnumber/2016/07/201607_6.html
https://bitflyer.jp/ja/virtual-currency-act

三菱東京UFJ銀行が2017年秋以降、安価な取引手数料の「MUFGコイン」サービスを提供予定と発表しており、メガバンクが仮想通貨事業への本格参入しますし、インターネット大手のGMOも仮想通貨事業に参入を発表しました。
http://japan.cnet.com/news/business/35095136/

このような状況が2017年に加速していくだろうということで、今年は「仮想通貨元年」と言われているのです。

しかしながら、まだまだ怪しいと思っている人は多いのも事実ですが、私は仮想通貨で多くの決済が行われる日は近いと見ています。

そもそも、お金の成り立ちを考えて見て下さい。

昔は物々交換でしたが、
お互いに欲しいものがない場合に
不便だったところから、
共通の価値として、
貝がらなどを媒体としていた
時代がありました。

そんなところから
「お金」というのが発明されて、
発展して来たことを
認識するところから
はじめてみて下さい。

紙媒体や金属でなくても、
数値だとしても、
みんなが何かに交換出来るものとして、
認識するようになれば、
電子マネーがこれだけ普及しているので、
そこはクリアしやすいところでしょう!

使えるところが増えることと
多くの人が認めれば、
これはお金として流通が加速するだろう!

実際のお店でビットコインが使えるところが少しづつですが、増えてきています。

私が注目している仮想通貨は「c0ban」というものですが、動画を見て小判をクリックすると、お小遣いが稼げる仕組みになっていて、時給1000円くらいになるように設計しているようです。(スマホアプリももうすぐリリースされます)

なので、それを使えるお店が増えてくれば、アプリを使ってお小遣い稼ぎをする人が広がるのは間違いでないです。

ということは、店舗側から見ると、店舗集客に使えそうなのです。

先行して、現在1000店までの
動画制作無料キャンペーンを行っています。
現在500店舗の撮影が終了し、残り500店舗になりました。

c0ban広告モデル

勉強カフェ岡山スタジオでも無料で動画製作していただきました。
もし、興味がある方は、ご連絡下さい。

また、「c0ban」は、金融庁と日本経済新聞社が21日開催した、「FinSum:フィンテック・サミット」において、「c0banIBM BlueHubアワードを受賞しました!
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO07485190R20C16A9000000/(フィンテック(金融とテクノロジーの融合)は、仕事や生活を一変させ、世界に広がる困難な問題も解決できる――。)
c0ban」紹介Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=QaVULPMj2_I

ちなみに「c0ban」の現在価格は90円ですが、2月の取引所オープン時には120円になるそうです。(1月末で100円に値上がりするようです。)

もう少し詳しい情報が来ましたら、シェアさせていただきます。

ちなみに、仮想通貨は、正確には「暗号通貨」と言います。
言葉としては、仮想通貨よりも「電子通貨」の方が受け入れられやすいかも?

とにかく「仮想通貨」には注目しておきましょう!
http://www.mag2.com/p/money/30721

(仮想通貨についての動画)
https://youtu.be/ReswxtH4d3U
https://youtu.be/MACC_Q43Oio
https://youtu.be/N0RWrZRYiaY

仮想通貨ビットコインとお金の未来 スーパープレゼンテーション ネハ・ナルラ氏が仮想通貨の仕組みを分かりやすく解説“お金の未来”を語る(字幕版)

仮想通貨”ビットコイン”とお金の未来

Eテレにて2月2日に放送してたスーパープレゼンテーションでは、「仮想通貨”ビットコイン”とお金の未来」で暗号通貨の仕組みを分かりやすく解説。

ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)の勉強するには、分かりやすく良い内容かなと思います。

YouTubeに動画があったのでシェアします。

NHK深読み_お金の常識が変わる 拡大するビットコイン

NHK深読み「拡大するビットコイン」

拡大する”ビットコイン” 仮想通貨が社会を変える?

インターネット上で流通する仮想通貨”ビットコイン”が世界で拡大しています。
流通量はおよそ1兆円に達し、日本でも2500店舗が導入。

政府は今月、取得の際にかかる消費税をなくす方向で議論を進めることにしています。

決済や送金のコストが安いといったメリットの一方、取引所の安全性や税金をどうするのかなど課題もある”ビットコイン”。仮想通貨の仕組みを分かりやすく解説しながら、”お金の未来”を先読みします。

■2016年10月29日NHK放送 週間深読み 拡大するビットコイン

「ビットコイン」をご存じですか?

インターネット上だけで存在する“お金”で、お札や硬貨はありません。

「仮想通貨」と呼ばれ、いま使用者が増え続けているんです。

ビットコインは、世界中で使えます。インターネット上でやりとりできるので、海外に送金する場合、銀行に手数料を支払ったりする必要がありません。

そうした便利さから、今ではビットコインの市場規模は全世界で一兆円にも登っています。

急拡大の一方でトラブルも起きています。

今回の「深読み」では、「仮想通貨」がもたらす“お金の未来”について、徹底的に考えていきます。近い将来、あなたのお財布の中身が変わっているかも。

NHK 密着 ビットコイン最前線

密着 ビットコイン最前線

インターネット上で市民が自由に取引する仮想通貨“ビットコイン”。

世界最大の取引所のひとつ、MtGoxから450億円分のビットコインが消失した事件をきっかけに、仮想通貨の安全性をどう担保するか、法の整備や規制のあり方を巡り議論が巻き起こっている。

しかし一方で、仮想通貨に対する市民の熱は世界中に広がっている。
日々新しい仮想通貨が生まれ、その数は数百種。
アメリカでは投資ファンドが目を付け、商品化と売り出しが過熱しているという。

市民が作り管理する“新しいマネー”はどんな未来をもたらすのか。
番組では、ビットコインの最前線を追い、不安の声も含めてその実像を見つめる。