NHK 密着 ビットコイン最前線

インターネット上で市民が自由に取引する仮想通貨“ビットコイン”。

世界最大の取引所のひとつ、MtGoxから450億円分のビットコインが消失した事件をきっかけに、仮想通貨の安全性をどう担保するか、法の整備や規制のあり方を巡り議論が巻き起こっている。

しかし一方で、仮想通貨に対する市民の熱は世界中に広がっている。
日々新しい仮想通貨が生まれ、その数は数百種。
アメリカでは投資ファンドが目を付け、商品化と売り出しが過熱しているという。

市民が作り管理する“新しいマネー”はどんな未来をもたらすのか。
番組では、ビットコインの最前線を追い、不安の声も含めてその実像を見つめる。

Follow me!

日本円を仮想通貨(暗号資産)に変換する(日本円で仮想通貨を買う)には、日本の金融庁から営業許可を受けている仮想通貨取引所に日本円を振込して、その取引所が取り合っ買っている暗号通貨に変換する(買う)ことからはじまります。

(海外の暗号通貨取引所では日本円を振込することが出来ません。クレジットカードで買えることは可能ですが、手数料がかなり高いと思われます。)

また、海外の取引所に預けている暗号通貨を日本円に現金化するにも日本の仮想通貨取引所に一旦送金して、そのコインを売却することにより、現金化が出来ます。

つまり、日本人が暗号通貨をスタートするには、日本の仮想通貨取引所に口座開設するところからはじまります。下記に取引所の比較をしてますので、参考にしてみて下さい。

日本国内仮想通貨取引所比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください